パパと私

不倫をしちゃったパパだけど、今は普通に暮らしています。

本当に大切なもの

不倫が蔓延していると前記事に書いたけれど、我が家でもそれがあったことを、最近ではうっかり忘れてしまう。

 

パパは心と体で、私は心で相手を裏切った。

今は、何もなかったかのように平和な日々を過ごしているけど。

 

パパが不倫をするなんて、私にとって有り得ない出来事だった。

私だって、パパ以外の人を好きになるなんて、自分でも思ってもみなかった。

人の心は、いつどう変わるかわからない。

「絶対」ということはないということを、いつも思っていないといけない。

 

人を裏切っている間、心が穏やかでいられる筈がない。

不倫相手と会っている間は幸せを感じるかもしれない。

でも、家族を裏切っているという罪悪感は拭えない。

不倫は、そんな感情すらスパイスに変えてしまうのか。

 

背徳の行為から抜け出せないのは、現実の生活からの逃避をやめられない。 

心の拠り所を手放せない。

そんな、人の心の弱さを象徴している行為だと思う。

 

本当に大切なものは何かと考えれば、自ずと答えは出せる筈なのに。

 

パパと私は、パパの不倫が発覚してから本当の夫婦になった。

受け止めるのが辛かった真実も、今では功を奏して夫婦生活を円満なものに変えてくれた。 

勇気と努力。

その力を加えて、私たちは今の生活を手に入れた。

 

人生の中に、無駄な時間など無い。

 

改めてそう思う。

でもそれは、たまたま運が良かっただけなのかもしれない。

あの時、もしパパが不倫相手との人生を選択していたら・・・。

もちろん、今のこの生活は無い。

 

人は間違う生き物。

でも、道に反れてしまっても、人はやり直す術を持っている。

考えて、思い直して、正しい道に戻ることができる。

気付いた時にやり直せることができる以上、努力を怠ってはいけない。

みっともなくても、必死にもがけば大切なものを取り戻せるのだから。 

 

 本当に大切なもの。

貴方には、見えていますか?

 


いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村