パパと私

不倫をしちゃったパパだけど、今は普通に暮らしています。

円満離婚?

俳優の船越英一郎氏が、妻の松居一代さんを名誉棄損及び業務妨害で提訴した。

その報道を見て、なんだか心が切なくなってしまった。

 

 一度は愛し合った二人が、ここまで憎しみ合うなんて。

見ていて本当に切ない。

だって、連れ子がいても一緒になるって、相当好きじゃなきゃ出来ないことでしょ?

それなのに、この結末って。。。

 

私も、一度だけパパとの離婚を考えたことがある。

でも、憎しみ合ってのことじゃない。

好きだから、一緒にいるのが辛い。

好きだから、これ以上男と女であることに耐え切れない。

そんな思いからだった。

 

実際、離れて暮らすとお互いどれだけ生活費が必要なのか、真剣に計算したこともある。

離婚の手ほどきみたいな分厚い本も買って、こっそり読んだこともある。

その本を買う時、本屋さんのおじさんが凄く切なそうな顔をして、会計の時に両手で私に本を渡してくれたのを、今でも覚えてる。

きっと、これから色々と大変だね。。。そう同情してくれたんだろうな。

結局、読んだだけで離婚しなかったんだけど。

 

私の場合、パパのことを憎んで嫌いになって離婚をしようとした訳じゃないから、船越夫妻のケースとはちょっと違う。

もし離婚しても、近くに住んで時々は家事をしてあげようと思っていたし、子供たちのためにお互い行き来しようと思ってた。

いわゆる、円満離婚?という感じを目指していた。

夫婦でも恋人でもいられないけど、ずっと友達でいようね、みたいな。

一度は夫婦になった関係なんだから、バッサリ縁を切るなんてことは考えてなかった。

普通あまり無い思考かもしれないけど、その時の私はそれが出来ると信じていた。

パパが同意しなかったから離婚はしなかったけど。

でも、今思えば、あれは逃げ道に過ぎなかったと感じてしまう。

うちは、頑張って向き合えば修復できる状況だったと、今は冷静に判断出来るから。

 

もしパパが不倫相手に対して本気で愛情を抱いていたら、すんなり離婚に応じただろうな。

先週始まったドラマ「カンナさーん」の旦那さん役の要潤さんみたいに、本気の恋とか言い出したら、 修復はすぐには無理だからね。

 

うちは、たまたま運が良かっただけ。

今も夫婦でいられるのは、それに尽きるかもしれない。

すべての条件が、たまたま運良くいい方に揃っただけ。

でもきっと、それも運命なんだと思う。

始まる関係も終わる関係も、きっと、すべては自然な流れの中で起きていること。

 

時が経った今、シンプルにそう思える自分がいる。

時の流れって、改めて凄いなって思う。 

 

 

 


いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

↓初めから読みたいと思ってくれた方は、こちらの初回エントリをどうぞ。

不倫が変えた私の生き方 

↓パパの不倫を知った時の話はこちらから。

不倫を知った時 カテゴリーの記事一覧 

↓その後の夫婦再構築の話はこちらから。

夫婦関係の再構築 カテゴリーの記事一覧 

↓私がメル友と恋をしていた話はこちらから。

ネット恋愛 カテゴリーの記事一覧