読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパと私

不倫をしちゃったパパだけど、今は普通に暮らしています。

不倫は非日常なんかじゃない

何故人は、不倫をするのか。 

大きなリスクを抱えても、何故他を求めてしまうのか。 

 

 私なりに考えてみた。

 

 パパは、不倫相手に「求められる幸せ」を感じていた。

実生活の中では満たせなかった自分の存在意義を、きっと彼女との関係の中に見出していたんだと思う。

私の、パパに負担をかけたくないという気遣いが裏目に出て、パパは家の中で自分の居場所を失くしたと感じた。

だから、彼女の「貴方がいないとだめ」という思いに喜びを感じていたと思う。 

 

スポンサーリンク
 

 

 私がメル友との間に愛情を求めたのは、再構築中に少しずつパパの気持ちが離れていった寂しさを埋めるためだった。

今思えば、パパの代わりだった。

でも、パパは違った。

パパは私の代わりを求めたんじゃなくて、自分の欲求を満たしたいという理由だった。

その違いは、男女の感覚の差なんだろうか。

どちらにせよ、日常では手に入らないものを求めての行動だと思う。

 

「非日常」

 

 よく、不倫をしている人が使う言葉。

確かに、二人で逢瀬を重ねる時間は、日常とはかけ離れた至福の時だ。

でも、決してそれは非日常なんかじゃない。

人目を忍んで重ねる逢瀬も、立派なその人の日常の一部。

ただ、嘘で塗り固めているから表沙汰にならないだけ。

それが発覚したら、あっという間に窮地に立たされるのに。

 

それでも別の世界を求めてしまうのは、人の欲深さというものが根底にあるから。

夫婦間では満たされない悦びや快楽を求め、自分の欲求を満たしたい。

そんな強欲な感情に心が支配された時、人は道を踏み外す。

それまで築いてきたものを失くしてしまうという危険を省みずに。

 

不倫は、秘め事だから面白い。

 

人は、心の何処かでスリルを求める生き物なのかもしれない。

 

f:id:sugixxhiro:20170516091356j:plain

 

スポンサーリンク
 

初めから読みたいと思ってくれた方は、こちらの初回エントリをどうぞ。

不倫が変えた私の生き方 

<関連記事>

もう一つのブログ 

今思うこと ~不倫について~ 

今のこと ~不倫の先にある未来~ 

自殺をした私を、見つめていた私。

スポンサーリンク
 


いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村