パパと私

不倫をしちゃったパパだけど、今は普通に暮らしています。

子供みたいなヤキモチ

昨日、パパと一緒に出掛ける用事があって、午前中だけ二人きりで過ごしました。

その時、何故かわからないけど、私はこんなことをパパに聞いたんです。

 

それは、パパの不倫の過去をほんの少しだけ蒸し返すような、妙な質問でした。

 

 「ねぇ、パパ。 あの人の名前なんだっけ、〇〇さん、だった?」

「うん。 なに急に。」

「パパさ、〇〇さんと今でも普通に話するの?」

「するよ。」

「すごいね、パパって。何も無かったように話せるなんて。」

「そうか?」

「うん。でも、なるべく話さないでね。事務の用事がある時は、他の人に頼んでね。」

「わかってるよ。」

 

スポンサーリンク
 

 

 なんだか、子供みたいなこと言っちゃったな。

後でそう思いました。

 

パパの元不倫相手は、同じ会社の事務の人。

だから、仕事上どうしても関わらないといけません。

それはわかっているんです。

彼女に会社を辞めてもらいたい、それが叶わないなら死んでほしい。

そんな無謀で非常識なことを願っていた頃もありましたが、今はすべて諦めています。

でも、ただの同僚という関係に戻った今でも、やはりあまりしゃべって欲しくありません。

 

やっぱり、子供みたいですね。

 

パパは私の旦那様で、私はパパの奥さんなのに。

今頃になって、ヤキモチ。。。

やいてるのかな? 

 

f:id:sugixxhiro:20170311154858j:plain

スポンサーリンク
 

初めから読みたいと思ってくれた方は、こちらの初回エントリをどうぞ。

不倫が変えた私の生き方 

<関連記事>

今思うこと ~不倫について~ 

今のこと ~不倫の先にある未来~ 

自殺をした私を、見つめていた私。

スポンサーリンク
 


いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村