パパと私

不倫をしちゃったパパだけど、今は普通に暮らしています。

男を見る目

パパの不倫を知った後、私は10キロほど体重が落ちてしまった。

生きる気力が無かったせいか、食欲も綺麗に無くなってしまったのだ。

会う度に痩せていく私に、母はいつもこう言っていた。

 

「どんなダイエットしてるの?私にも教えて?」

 

 話したら母が心配するのがわかっていたから、私はパパの不倫のことは言えなかった。

 

スポンサーリンク
 

 

 あれから10年以上経った今でも、母にはそのことを話していない。

もう話す気も無いし、話したところでこう言うに決まってる。

 

「ギャンブルで借金作るような男よりマシよ。」

 

そう、私の本当の父のことである。

母はいつも父のことを悪く言うけど、私は毎回こう反撃する。

 

「お母さんに男を見る目がなかったってことだよ。」

 

もちろん、笑いながら。

そう言うと、母が悔しそうにそれを認めるのが面白くてね。

 でも、祖母から聞いた話では、出会った当初の二人は物凄かったらしい。

 

「いっつもイチャイチャして、そりゃもう見てられなかったわよ。」

 

付き合いだした頃って、みんなそういうもんだよね。

でも、時が過ぎていくにつれて、相手の嫌な所が少しずつ見えてくる。

結婚して一緒に生活しようものなら、尚更だ。

それでも、お互い我慢したり譲ったりして自分の我を押し殺していくうちに、夫婦二人だけの空気が出来てくる。

誰にもわからない、二人だけの暗黙のルールもそう。

誰よりも近くにいるからわかる、相手の行動や感情の癖もそう。

だからこう言うんだろうね。

 

「夫婦のことは、夫婦にしかわからない。」

 

私は、自分に男を見る目がないとは思わない。

だって、パパは不愛想で少し俺様な感じの人だけど、いざという時は凄く頼りになる。

不倫をしたのも、私のせいもあったと思ってるし。

(私だけのせいでもないけどね)

 

今は夫婦再構築のために躍起になっていた頃よりもトーンダウンしてる関係だけど、妙に盛り上がってラブラブな感じの方が年齢的にはどうかと思う。

落ち着いてる今の関係の方が自然だし。

一生懸命ラブラブしてた時は、きっとお互い何処かで無理をしてた。

今ならそれが明らかにわかる。

 

夫婦として一緒に生きてきて、もうすぐ25年。

空気のように自然に隣にいられる今の関係が、私はとても気に入っている。

やっぱり、母とは違い、私には男を見る目があったのかもしれない。

 

f:id:sugixxhiro:20170307010217j:plain

スポンサーリンク
 

初めから読みたいと思ってくれた方は、こちらの初回エントリをどうぞ。

不倫が変えた私の生き方 

<関連記事>

今思うこと ~不倫について~ 

今のこと ~不倫の先にある未来~ 

自殺をした私を、見つめていた私。

スポンサーリンク
 


いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村