読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパと私

不倫をしちゃったパパだけど、今は普通に暮らしています。

パートナーを大事に

不倫をされた人。

不倫をした人。

どちらが悪いかと言えば、一般的にはした方が悪いと言われる。

でも、された側として考えを言葉にすれば、された方にも何らかの原因があるような気がする。

私はパパに不倫をされる前、いい妻であったのかと問われれば胸を張って「はい」とは言えない。 

 

スポンサーリンク
 

 

 今も立派で良き妻とは言えないけれど、それなりにパパの心に寄り添ってはいる、つもり。

自分なりに努力はしてる。

 「おかえり」を心を込めて言うとか、居心地のいい家庭を作るとか、好きな料理を作るとか。

とっても些細なことではあるけれど。

今は、それが無理なく自然に、そうしたい、そうしてあげたいと思える。

不倫をされる前は、もうある程度心に距離が出来ていたから、正直そうしてあげたいって思えなかった。

自分に何もしてくれない人に、自分を満たしてくれない人なんかに、どうして私が。

そう思っていた。

でも、先手必勝という言葉があるように、してくれなくてもこちらからする。

それでいいと思う。

見返りを求めたら、何もないと悔しくなるから、無償の愛とまではいかないにせよ、一緒になった人に尽くすのも悪くはない。

 

一生を共にすると決めた相手が幸せなら、それでいいじゃない。

 

つい最近、私はパパにこう言った。

 

「パパは幸せだね。帰ってきた時、ママが嬉しそうで。」

「何それ(笑)」

「だって、世の中には、もう帰ってきた・・・ってげんなりする奥さんもいるんだよ?」

「ママはしないの?」

「しないよ。わーいって思うもん。だから、パパは幸せだって言いたいの(笑)」

 

パパも、笑ってた。

また私がアホなこと言ってるなぁって顔して。

それでいいって思う。

 実際、「うわ、もう帰ってきた・・・。」なんて思わないし、仕事で疲れた顔してたら、「お疲れ様」って言いたくなっちゃう。

 

そう思える自分が好きだし、これからもそう思える自分でいたい。

自分のパートナーを大事にするって、大切なこと。

ちゃんと大事に思っていたら、その気持ちがきちんと届いていれば、何処にも行かないんじゃないかな。

綺麗事かもしれないけど、私は、それが基本的な事だと思う。

 

f:id:sugixxhiro:20170301184141j:plain

初めから読みたいと思ってくれた方は、こちらの初回エントリをどうぞ。

不倫が変えた私の生き方 

スポンサーリンク
 

<関連記事>

もう一つのブログ 

今思うこと ~不倫について~ 

今のこと ~不倫の先にある未来~ 

自殺をした私を、見つめていた私。


いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村