読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパと私

不倫をしちゃったパパだけど、今は普通に暮らしています。

子供を捨ててまで手に入れたい幸せ

今のこと

私の姉は、不倫をした相手と一緒になるために自分の子供を捨てました。

その子たちが、まだ3歳と1歳の幼い頃に。 

当時、まだ上の子を産んだばかりの私にとって、それはとてもショックな出来事でした。

 

彼女の消息は、未だにわかりません。

一度見つけることが出来ましたが、その後また逃げた時は、もう私たち家族は追うことをやめました。

その時、母は悲しそうにこう言いました。 

 

「もう、あの子はダメだね・・・。」 

 

スポンサーリンク
 

 

姉は旦那さんとの仲があまり上手くいっていない生活の中で、女として寂しさを抱えていたんだと思います。

でなければ、他の男性と深い関係にはなりません。

彼女は二人の可愛い子供たちにも恵まれ、子育ても楽しんでいたように見えました。

でも、きっと心の中にはポッカリと穴が開いていたんでしょうね。

それを埋めてくれる人と、彼女は運命的に出会ってしまった。

そして、可愛い子供たちを捨てる勇気が持てるほど、その人を愛してしまったんだと思います。

 

姉は、保育園に子供たちを預けたまま姿を消しました。

下の子はまだ1歳だったので、ずっと泣き続けていたそうです。

それを知った私の母は、すぐ姉を探し始めました。

 

「なんでこんなバカなことをしたんや・・・。」

 

同じ子を持つ母親として、きっと胸が抉られるような思いだったと思います。

それでも探すことをやめずに、数年後母はやっと姉との再会を果たしました。

彼女は不倫をした男性と結婚していて、子供が一人いたそうです。

母と姉は、泣きながら抱き合ったそうです。

母は、会ったら言おうと思っていたことがたくさんあったけれど、姉の顔を見たらすべて吹き飛んだと言っていました。

親だから、なんでしょうね。

いくら罪を犯した子であっても、大事な我が子には変わりありません。

でも、そんな再会を果たした後、姉はまた私たちの前から逃げました。

きっと、今の生活を守りたかったんでしょう。

 

彼女の中では、結婚をしていたことも子供を産んだことも、すべて無かったことになっていた筈です。

今の旦那さんの手前、そうせざるを得なかったんだろうと思います。

でも、私たち家族と繋がっているとそれが出来なくなる。

そう彼女は思ったのでしょう。

 

母は、もう彼女を追うことはしませんでした。

「親子の縁を切って逃げたんだから、もういいわ・・・。」

そう悲しそうに言っていたのを覚えています。

 

不倫をして子供たちを捨ててまで手に入れた幸せを、彼女はちゃんと守っているんでしょうか。

もう二度と会うこともないので私には確かめる術もありませんが、可愛い子供たちの心を引き裂いてまで手に入れたその幸せを、姉には死ぬまで守り切って欲しい。

そう、私は願っています。

 

本当の幸せとは、誰かの犠牲の上に成り立つものなんでしょうか。

それは、許されることなんでしょうか。

自分が幸せになるためなら、他の人間をどんなに悲しませてもいいのでしょうか。

 

私は、もう姉の声を忘れてしまいました。

でも、姉の笑った顔はまだはっきりと覚えています。 

それは、とても、とても優しい笑顔です。 

 

お姉ちゃん

あの子たちのこと、ずっと忘れないでいてあげてね。。。

 

f:id:sugixxhiro:20170131185708j:plain

 

初めから読みたいと思ってくれた方は、こちらの初回エントリをどうぞ。

不倫が変えた私の生き方 

スポンサーリンク
 

<関連記事>

今思うこと ~不倫について~ 

今のこと ~あの頃を振り返って思うこと~ 

今のこと ~不倫の先にある未来~ 

自殺をした私を、見つめていた私。


いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村