読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパと私

不倫をしちゃったパパだけど、今は普通に暮らしています。

もし、あの時パパが不倫をしなかったら。

今のこと

つい最近、パパとこんな話をしました。

 

「あの人って、パパより一つ年上だったよね?」

「あの人? あぁ・・・そうだよ。 何?急に。」

 

パパと不倫相手の彼女のことを話すのは、本当に久しぶりでした。

 

スポンサーリンク
 

 

パパが不倫をしたのは、もう10年以上も前のこと。

その間に彼女のことを話題に出したのは、ほんの数える程度です。

そんな昔の話を蒸し返しても、パパはいい気がしないと思ったから。

でも、今年定年を迎えるパパが、退職を考えているのかどうか気になって、私は彼女のことを話題にしてしまいました。

でも、パパは淡々と私の質問に答えてくれました。

 

「じゃあ、あの人は去年定年退職する筈だったんだよね?」

「うん。」

「まだ、会社にいるの?」

「いるよ。」

「ふぅん。 パパはどうするの?」

「まだわからないけど、多分そのままいると思うよ。」

「ふぅん。。。」

 

正直、いい気持ちはしませんでした。

でも、心が動揺するわけでもなく、そうなんだってストンと受け止めることが出来ました。

 

「ねぇ。 二人で会ったりとか、しないの?」

 

私は、ちょっとイタズラっぽく聞いてみました。

すると、パパは少し笑ってこう言いました。

 

「そんなこともうしないよ。」  

 

私も、少し微笑みました。

このままパパが会社にいることを続けたとしても、私は何も思いません。

パパがそう決めたなら、それでいいと思っています。

 

パパの不倫を知った時、相手が同じ会社にいることがすごく辛くて、何度もパパにこうお願いしました。

 

「あの人に、会社を辞めてもらって。」

 

それが叶わないことがわかった時なんて、非道にも彼女の死を心から祈ってしまいました。

その時は完全に病んでいましたね、私の心は。

でも、今はもう平気です。

 

苦しくてもたくさん向き合い、悲しくてもそばに寄り添っていた心。

なのに、気持ちがすれ違いまた壁を作ってしまった現実。

でも、側にいることが当たり前ではないと気付き、もう一度向き合うことが出来た私たち。

 

長い時間がかかりましたが、今はとても平穏に暮らしています。

その時々の判断が正しかったのかと考えれば、決してそうではありません。

でも、二人で生きていくという気持ちだけは、あの時から確かにありました。

だから、今があるのだと思います。

 

もし、あの時パパが不倫をしなかったら、今のような心地よい関係は作れなかったかもしれません。

冷え切った暮らしの中での最低限のやり取りだけで、まともな会話も無かった私たちでしたから。

もちろんあって良かったと思える事実ではありませんが、夫婦で乗り越える壁の一つだったのだと、今は冷静にその歴史を振り返ることが出来ます。

 

一生、共に生きる。

 

今強くそう思えるのは、不倫という事実があったからだと思います。

それほど、あの事実には大きな影響力がありました。

それも、今では思い出の一つです。

 

夫婦の絆は、壁を乗り越えた時に深まるもの。

私は、そう思います。

 

f:id:sugixxhiro:20170126164354j:plain

 初めから読みたいと思ってくれた方は、こちらの初回エントリをどうぞ。

不倫が変えた私の生き方 

スポンサーリンク
 

<関連記事>

今思うこと ~不倫について~ 

今のこと ~あの頃を振り返って思うこと~ 

今のこと ~不倫の先にある未来~ 

自殺をした私を、見つめていた私。


いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村