読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパと私

不倫をしちゃったパパだけど、今は普通に暮らしています。

パパが彼の存在に気付いた瞬間

 

「ネット恋愛とは、2000年代中頃から盛んに話題になってきた言葉である。

その背景として、mixiやFacebookといった個人ブログが一般的となり、ネット経由で個人にアクセスできることが考えられる。

現在ではブログにとどまらず、オンラインゲーム内のチャットを通じたネット恋愛という例もある。」 

 

私の場合、始まりはメル友掲示板というサイトの板の上だった。

その頃の私は、「ネット恋愛」という言葉すら知らなかった。

その意味を知ってからも、実際に相手と会うことなど想像も出来なかった。

 

既婚者の自分は、その一線を越えることなど許されない。

 

そう思っていた。

 

あれから、私たちは二人で会う話を避けていた。

気持ちが揺れていた私はもちろん、彼も、私のために敢えて避けていてくれたように思う。

「焦ってはいけない。」

そう、彼は思っていたのだろうか。

 

スポンサーリンク
 

 

私は、その頃もう気付いていた。

自分には、勇気を出せるほどの想いがないということ。

現実から逃げ出して満たされる場所を作ったとしても、本当の自分は満たされないということを。

それでも、自分と向き合うことを避けるパパとの生活に、一人で耐えていく自信も持っていなかった。

ズルい私は、どっちの道も選べないまま、不安定な心を見ないふりして生活していた。

そんな私の気持ちを、彼は知っていたのかもしれない。

彼もまた、それを見ないふりして繋がっていてくれたのかもしれない。

 

そんな曖昧な状況が続く中、私はある大きなミスを犯してしまった。

今思えば、それはミスではなく、好転に繋がるものだったのかもしれない。 

そのきっかけが生まれなければ、今の生活は存在しないのだから。 

 

ある朝、私はパパに声を掛けられて目が覚めた。

その言葉は、私の心を一瞬で凍り付かせるものだった。

 

「ママ、浩介って、誰?」

 

私は驚き、言葉を失った。 

 

「そいつ、誰なの。」 

 

普段より低いパパの声が、私の心の奥底に重く響いた。

その時私の右手にあった携帯の画面には、彼に送る筈のメールが映し出されていた。

 

f:id:sugixxhiro:20170117021505j:plain

 

初めから読みたいと思ってくれた方は、こちらの初回エントリをどうぞ。↓

不倫が変えた私の生き方 

スポンサーリンク
 

<関連記事>

今思うこと ~不倫について~ 

今のこと ~あの頃を振り返って思うこと~ 

今のこと ~不倫の先にある未来~ 

自殺をした私を、見つめていた私。


いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ