パパと私

不倫をしちゃったパパだけど、今は普通に暮らしています。

パパの決意

 

子供たちがいない静かな部屋で、私たちは話をした。

私はパパの体調を気遣い、焦らずに、ゆっくりと話をしようと思っていた。

でも、パパもまたそんな私の気持ちを気遣い、辛い体を起こし、きちんと向き合ってくれた。

 

きっと、今が一番大事な時だと、パパなりに思ってくれていたんだと思う。 

 

あの頃の私たちは、お互いが、お互いのために生きていた。

 

「パパ。 私は、このままじゃ前に進めないよ。

 もっと、二人の事が知りたいし、パパの気持ちも知りたい。」

「わかった・・・。 何でも答えるから、知りたい事を聞いてくれていいよ。」

「うん。 あの人とは、いつから付き合ってたの?」

「2年前ぐらい・・・。 最初は、家庭の悩みとかを聞いてた。」

「そう・・・。 今の関係になったのは?」

「それから半年ぐらい経った頃だったかな・・・。 向こうが、旦那と上手くいってないって言いだしてね。」

「うちも、そうだったね。 上手く、お互いの気持ちが言えなくなってた・・・。」

「うん。 だから俺も、断れずに流されてた。 それがいけなかったんだ。」

 

スポンサーリンク
 

 

私たち夫婦は、パパが不倫をする前から、普段の会話が減ってきていた。

もちろん、夫婦生活も。

何がきっかけだったというわけではなく、自然に、お互いの心を見せなくなっていた。

その不満やストレスから、パパは他に自分だけの世界を持ち、そこで自分を満たしていたんだと思う。

男としての、自分を。

 

「ママ、俺の事、許してくれる? それとも、もう離婚したい・・・?」

 

私は、答えに詰まった。

 

不倫をしたといっても、パパはこうしてちゃんと私と向き合ってくれている。

あの人と一緒になりたいとも思っていない。

 

でも、今までみたいに何も無かったように、私はやっていけるのかな。

自分を裏切った人を、ちゃんと信じて生きていけるのかな。

 

そう思う自分も、心の中にいる。

でも、子供たちの事を考えると・・・。

 

私は幼い頃に両親の離婚を経験し、ずっと母子家庭で育ってきた。

だから、片親で生きる子供の寂しさを知っている。

そんな思いを、自分の子供たちにさせたくない・・・。

その気持ちが、一番のブレーキになっていた。

 

「私は、あの子たちのためにも離婚はしたくない。

 パパの事も、嫌いになってない・・・。

 でも、こういう事があったから、上手くやっていける自信が無いよ・・・。」

「そうだよね。 そう思われても仕方がない・・・。」

「でも、パパがこうして私と向き合ってくれて嬉しい。

 ずっと、いつも寂しかったから・・・。」

「ごめんな。」

「ううん。 私にも、たくさん悪い所があったから。

 こうなった事に、私も責任を感じてる。

 もし私との生活に満足していたら、私が妻としてちゃんとパパを幸せにしていたら、こんな事にはならなかったかもしれないもん。」

「そんな事、言うなよ・・・。」

 

私は、うつむくパパにこう言った。

 

「パパ、あの人と、別れられる・・・?」

 

パパは、真っ直ぐに私を見て頷いた。

 

「明日、彼女とちゃんと話してくる。」

 

私たちは、新しい一歩を二人で踏み出そうとしていた。

でも、彼女の想いは、私のために決意したパパの心を揺らすほど深いものだった。

 

 

f:id:sugixxhiro:20161227144015j:plain

 

初めから読みたいと思ってくれた方は、こちらの初回エントリをどうぞ。

不倫が変えた私の生き方 

スポンサーリンク
 

<関連記事>

今思うこと ~不倫について~ 

今のこと ~友人の話~ 

今のこと ~あの頃を振り返って思うこと~ 


いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ