パパと私

不倫をしちゃったパパだけど、今は普通に暮らしています。

ネット恋愛

ネット恋愛、それは文字への依存。

パパの不倫が発覚した後、私たちは夫婦関係の再構築に努めていた。 でも、パパの気持ちの変化から、二人の心は少しずつすれ違ってしまった。 そんな時、私の心の寂しさを埋めてくれたのは、ネットで知り合った彼の存在だった。

ネット恋愛の終結

私は、パパと結婚した時、パパのことを愛していなかった。 好きという感情はあったけれど、愛してはいなかった。 私がパパのことを愛し始めたのは、パパの不倫を知った時。 自分を裏切った人を愛してしまうなんておかしな話だけれど、これは本当のこと。 私…

私が戻りたかった場所

私は、自分がしていたことをパパに話さずに、自分の気持ちだけを伝えようとした。 本当はこう思ってた。 本当はこうしたかった。 本当は、こうして欲しかった。 でも、私がそれを伝えようとした時、パパは私の心に呼び掛けてくれた。 まるで、私の気持ちを汲…

最後の嘘をつこうと思った理由

一つ嘘をついたら、その嘘を隠すためにまた一つ嘘をつかなければならない。 それは幾つにも重なっていき、次第に自分の心を苦しめていく。 それから解放されるには、すべての嘘を露わにするしかない。 でも、それは自分の心だけが楽になれる方法。 知らされ…

彼との関係に限界を感じた私

パパが彼の存在を知った瞬間。 それは、「あの時」私がメモを見つけた瞬間と同じ。 私が彼に送る筈だったメール。 それは、不倫相手の彼女からの小さなメモと同じ存在になった。 パパの表情は、とても冷たかった。 私は、思わず息を飲んだ。

パパが彼の存在に気付いた瞬間

「ネット恋愛とは、2000年代中頃から盛んに話題になってきた言葉である。 その背景として、mixiやFacebookといった個人ブログが一般的となり、ネット経由で個人にアクセスできることが考えられる。 現在ではブログにとどまらず、オンラインゲーム内のチャッ…

逃げようとする心

私は、自分のしている事、自分がこれからしようとしている事が急に怖くなった。 でも、好きだと思っていた彼の事を、簡単に切り離す事は出来なかった。 「いつか必ず会おうね。」 そんな約束までしていた彼と、すぐに別れる事なんて出来ない。 そう思ってい…

心と体で裏切るということ

不倫をしている人の中に、罪悪感を抱かない人っているのかな。 きっと、微塵も感じていない人なんて、いないよね。 でも、感じていたとしても、普段はその気持ちに蓋をしている筈。 そうしないと、不倫なんて出来ない。 「本当は悪いことだって、ちゃんとわ…

体が鳴らした、心への警告。

彼の手にある受話器に、奥様の声が入る。 そして、私は二人の会話を耳にした。 「ただいま。」 「・・・どうしたの、今日は早いね。」 「うん。 なに?電話?」 「あ、ああ。」 「誰?」 「た、ただのセールスだよ。」 「切らないの?」 「あ、もう切れてる…

初めて聞いた、彼の声。

嘘で覆いつくした事実は、その嘘をつき通せば架空のものになる。 でも、嘘を一つでも解放したら、すべての事実を引きずり出される。 だから、嘘をつくという行為は、生半可な気持ちでしてはいけない事。

彼への想い

ネット恋愛って、今のこの時代にも溢れているのかな。 文字や言葉から始まり、電話で相手の声や話し方の特徴を知る。 そして、写真で相手の顔やスタイルを把握して、リアルな空間で相手のすべてを見る。 そんな、一つ一つ丁寧なプロセスを経て辿り着く恋愛。…

距離を超えて繋がる想い

あの頃、パパと私の関係は、不倫が発覚する少し前のような感じに戻っていた。 二人の会話は、必要最低限のものだけ。 パパの機嫌が悪くなるのが嫌で、私は「あの時」のことにも触れなくなった。 どんなに寂しくても、寂しいと言わなくなった。 互いに支え合…

メル友の世界

私は最初、メル友とはメールを通して交流を深め、心を許して何でも話が出来る相手と時間を楽しむものだと思っていた。 もちろん、その相手と会うことなど無い、普通にそう思っていた。 でも、実際にサイトを覗いてみると、文字から違う目的を醸し出している…

ネットの中を彷徨う心

夫婦としての再構築が上手くいかなくなってから、何故か、私は昼間のお酒を飲まなくなった。 普通なら、お酒の量が増えてもおかしくない状況なのに。 きっと、元々お酒に弱かったせいもあったんだと思う。 それと、夜中にPCで遊ぶ時間が増えたため、夜更かし…