パパと私

不倫をしちゃったパパだけど、今は普通に暮らしています。

求めるだけじゃ他に行っちゃうよ

所詮、夫婦は血の繋がっていない赤の他人。 だから、理解し合うなんていうことは絶対無理。 そう諦める時って、長い夫婦生活の中で何度もあると思う。 でも、血が繋がっていても理解し合えない関係だってあるし、そもそも、そこには理解しようとする気持ちが…

自分の力で切り開く

もし、今配偶者の不倫という現実に向き合っている人がいたら、私はその人に言いたい。 どんなに辛くても、どんなに苦しくても、また幸せな時間は戻ってくるよって。 どんなに涙を流しても、どんなに未来が見えなくても、また違う形で夫婦の時間が過ごせるよ…

パートナーとしての役目

パパのお盆休みが終わって、また私だけの時間が戻ってきた。 パパと一緒に居てもそんなに苦痛じゃなかったけど、やっぱり一人だと気分的に違うかな。 何が大変って、食事の支度。 外食したり少しパパに作ってもらったりしたから、楽と言えば楽だったんだけど…

本当に大切なもの

不倫が蔓延していると前記事に書いたけれど、我が家でもそれがあったことを、最近ではうっかり忘れてしまう。 パパは心と体で、私は心で相手を裏切った。 今は、何もなかったかのように平和な日々を過ごしているけど。

蔓延してる不倫

女優の斉藤由貴さんの不倫が発覚して、先日の彼女の記者会見を見て思ったのは。 不倫ってどんだけ蔓延してるの?ってこと。

妻の立場は強いけれど・・・

議員の今井絵理子さんと橋本健氏の不倫疑惑が報道された数日後、橋本氏の妻が反撃を開始した。 結婚生活は破綻などしていないと。 橋本氏の奥さん、夫に不倫をされて黙って引っ込んでるような人じゃなかったのね。 インタビューじゃなくて文章によるコメント…

自由にさせてあげるって大事なこと

最近、息子たちのいない生活にようやく慣れてきた感じ。 夫婦二人だけの生活って、色んな面でほんと楽だなぁって思う。 そんなにストレスも溜まらないしね。 パパも、きっとそう感じてるんじゃないかな。

円満離婚?

俳優の船越英一郎氏が、妻の松居一代さんを名誉棄損及び業務妨害で提訴した。 その報道を見て、なんだか心が切なくなってしまった。

趣味を探してみる

今日は、パパの仕事がお休み。 でも、趣味のパチンコに出掛けてしまって、私は一人でお留守番。 一緒に行っても良かったんだけど、なんだかそんな気分にはなれなくて。

相手を気遣うということ

ここ最近、パパのお仕事が多忙気味。 だから、家に帰ってきた時も、かなりバテバテのご様子。 そんな時は、そっとしてあげた方がいいんだよね。

松居一代さんの報道を見て思うこと

ここ最近、ワイドショーなどで、女優の松居一代さんの心の叫びが話題になっていますね。 旦那さんに不倫をされた人たちは、今の彼女の行動を見て、様々なことを思うのではないでしょうか。

誰よりもわかってくれる

長男が家を出て行ってすぐ、私は体調を崩してしまった。 そんなにこたえていないつもりだったけど、心と体は正直なものなのだと、自分でも呆れしまった。 もちろん、パパは男親だから、まったくノーダメージ。 少しだけ、そんな強いパパを羨ましく思ってしま…

何気ない日常

今週から始まった、パパとの二人暮らし。 思ってたよりもゆったりとした時間が流れてくれて、夫婦水入らずを楽しんでいます。 今、パパはお酒に酔って座ったままウトウトしています。 PCがリビングに置いてあるので、右を向くとうたた寝しているパパの姿が見…

お知らせです

度々すみません。 今現在パートナーが不倫をしている訳ではないので、またランキングのカテゴリーを変えます。

パパと二人暮らし

色々と諸事情があって、今日からパパとの二人暮らしが始まった。 息子たちが揃ってこの家からいなくなるのは初めてだから、かれこれ、25年ぶりの夫婦水入らずな生活。 いったい、どうなることやら。

愛情の内の情だけが残った関係

小林麻央さんは息を引き取る直前、旦那様である市川海老蔵氏に「愛してる」という言葉と深い想いを残した。 報道でそのことを知った私は、ふとこんなことを思った。

人生のパートナー

「パートナーの不倫」というカテゴリーの文字を見ていて、ふと思ったことがある。 私は、ずっとパパのことをパートナーとは思っていなかった。 そういう感覚ではなく、単に旦那さん、としか意識していなかった。 それは、夫婦なら当たり前のことだとは思うん…

不倫なんてしなきゃいいのに

私の友人で、現在不倫をしている人がいる。 もう3年ほど前から。 最初にそのことを聞いた時、私は本当に驚いた。 彼女は、そういうことに縁のない雰囲気の女性だったから。 パパの時も思ったけど、真面目そうな人でも何をしでかすかわからないものなんだなぁ…

もう詮索はしない

前記事を読み返して、自分で驚いた。 パパの元カノのことを、「あの女」って書いてた。 今までそんな風に書いたことなんて一度も無かったのに。 疑念が湧くと、人って変わるんだね。

何年かぶりの疑念

それは、本当に久しぶりに抱いた感情だった。 以前、パパの不倫を知った後、私は何かにつけパパの行動を怪しむようになった。 でも、その感情は「恐れ」から来るものだった。

ブログに関するお知らせ

病気の悪化に伴いメンタル的にも少し落ちていたのですが、ようやく症状が落ち着いてきたので、また少しずつ書いていきます。 このブログに関して、一つお知らせがあります。

普通の幸せ

昨日、洗濯をする時にパパのYシャツの胸ポケットに何かが入ってるのを見つけた。 それが「カサッ」と音を立てた時、私は一瞬であの時のことを思い出した。 そう、それはパパの不倫発覚のきっかけになった、彼女からの一枚のメモ。 私の頭の中で、あの時の記…

生理的に無理かどうか

前記事では、黒々とした私の気持ちを書いてしまった。 もちろん素直な気持ちだったけど、いつもあんな思いを悶々と抱いている訳じゃない。 綺麗事ばっかりじゃない。 誰だって、真っ白のままじゃいられない。 そう伝えたかっただけ。

裏切りは決して許さない

私はパパの不倫を知った時、怒りとか悲しみとかの感情の前に、ただただショックを受けたのを今でも鮮明に覚えてる。 まさか、あのパパが浮気をするなんて。 そう驚いて、小さなメモを手に呆然としただけだった。

不倫を経験したからこそ

私は、今でこそこうして過去を振り返ったり不倫について色々と偉そうに語ったりしていますが、パパの不倫を知った時は身も心も本当にボロボロでした。 あの真面目なパパが、不倫・・・? そうショックを受け、本当に辛い日々を過ごしました。

人生の選択

上戸彩さんと斎藤工さん主演の映画「昼顔」が、来月の10日に公開されますね。 ドラマのお話の続きのようで、「今度はちゃんとする」って斎藤さんが言っているのをPVで見ました。 「ちゃんと」とは、今度こそ一緒になるという意味だと思いますが、果たして「…

妻の人も、彼女の人も。

パパの不倫を知った後、私はほぼ毎晩夜更かしをしていた。 PCを買う前は真っ暗な部屋で一人で考え事をして、買った後はひたすらネットの海を泳いでいた。 「不倫」 「夫婦の再構築」 「自殺」 そんなキーワードで検索をして、色んなサイトを見ていた。 でも…

これからも、ずっと一緒。

やっと体調が良くなったので、パパがいない間に少し気持ちを綴ります。 パパは私が元気になったので、安心して遊びに行ってしまいました。 たまには、気晴らしも必要ですよね。

過去と今と、未来。

「もしパパが浮気をしたら、絶対に離婚する。」 パパの不倫を知る前、私は友人にこう言っていた。 でも、実際はしなかった。 ということは、 「もしパパが不倫相手との未来を望んだら、私は別れる。」みたいなことを言ったけれど、実際にはそうならないかも…

もしあの時パパの心が離れていたら

もしあの時、パパが不倫相手の女性との生活を望んでいたら、きっと今の生活は無かった。 私はパパの希望を受け入れ、子供たちと生きる道を選んだと思うから。

安心の日々

パパと一緒にいると、気持ちが楽。 ありのままの自分でいられるし、言いたいことも言えちゃう。 この人となら、ずっと一緒にやっていける。

温もりが伝わる距離

パパの不倫を知った夜から、私たち夫婦は一つの布団で寝るようになった。 それはパパが言い出したことで、今でもずっと続いている。

離婚は考えてない?

「私と、ずっと一緒にいたい?」 ふいに、私はパパにそう聞いてみた。 「ママは?」 質問に答えずに質問するなんて、ズルいな、パパは。

再構築のプレッシャー

パパと私は、パパの不倫発覚をきっかけに夫婦関係を築き直した。 今思えば、その時の再構築が成功したかどうかわからないけれど、なんとか平和な日々を手に入れた。 ただ改めて思うのは、再構築という言葉に縛られ過ぎたりこだわり続けるのは、かえって良く…

好きな人との出会い

なんの障害もない恋愛でも、誰にも言えない恋愛でも、 好きになってしまったら、恋に落ちてしまったら、仕方ないよね。 「その時」「その人」を好きになるのは、運命みたいなものだから。

ネット恋愛、それは文字への依存。

パパの不倫が発覚した後、私たちは夫婦関係の再構築に努めていた。 でも、パパの気持ちの変化から、二人の心は少しずつすれ違ってしまった。 そんな時、私の心の寂しさを埋めてくれたのは、ネットで知り合った彼の存在だった。

真実を知る勇気

パパの不倫を知った時、私は、この世の中にはあり得ないことってないんだって思った。 パパはとっても真面目な人で、几帳面で仕事もきちんとやりこなす人。 だから、まさか不倫なんていう大冒険をするなんて、当初は本当に信じられなかった。

不倫は爆弾

不倫をされて、悲しくない人はいない。 不倫をして、平気な人もいない。

私が初めて愛した人

パパの不倫が発覚した後、パパと私は「男と女」になった。

子供みたいなヤキモチ

昨日、パパと一緒に出掛ける用事があって、午前中だけ二人きりで過ごしました。 その時、何故かわからないけど、私はこんなことをパパに聞いたんです。 それは、パパの不倫の過去をほんの少しだけ蒸し返すような、妙な質問でした。

男を見る目

パパの不倫を知った後、私は10キロほど体重が落ちてしまった。 生きる気力が無かったせいか、食欲も綺麗に無くなってしまったのだ。 会う度に痩せていく私に、母はいつもこう言っていた。 「どんなダイエットしてるの?私にも教えて?」 話したら母が心配す…

嘘は墓場まで

嘘をつくのなら 墓場まで持っていく覚悟で もしそれが出来ないのなら 嘘などついてはいけない

当たり前のことなんてない

私はパパの不倫を知るまで、あまりパパの気持ちを考えたことがありませんでした。 毎日なんとなく家事をこなして、なんとなくパパと一緒にいたような気がします。 パパはどうして欲しいのかな?とか、パパはどう思っているのかな?とか、ほとんど考えていな…

不倫は麻薬

罪悪感を抱かずに不倫をしている人って、いるのかな? 配偶者や子供に後ろめたさを感じないでいられる人って、いるのかな? きっと、それは無いと思う。 もしそんな感じがしたとしても、心の奥に秘めているだけで、決して平気な筈はない。 でも、そうしない…

もし母子家庭で育っていなかったら

もし自分が母子家庭で育っていなかったら、きっとパパとの離婚をもっと真剣に考えたかもしれない。 あの頃、私はパパと離婚することも視野に入れていたけれど、実際にはそれが出来なかった。 それはきっと、自分自身が母子家庭で育ち、両親が揃っていない生…

不倫も思い出に

今、パパから電話がありました。 今日は残業だったらしく、今から会社を出るそうです。 そして、明日は祝日だけど出勤になったと言っていました。 私は、少しふざけてパパにこう言いました。 「ほんとにお仕事? デートじゃないの?」

離婚家系の運命の流れ

私の姉が失踪した時、私はまだ子供を産んだばかりだった。 産後の疲れと慣れない育児の疲れのせいか、少し気弱になった私は、ある日パパにこんな話をした。 「私の家系って、少しおかしいのかもしれない。 浮気とか普通にしてたし、みんな最後は離婚しちゃっ…

子供を捨ててまで手に入れたい幸せ

私の姉は、不倫をした相手と一緒になるために自分の子供を捨てました。 その子たちが、まだ3歳と1歳の幼い頃に。 当時、まだ上の子を産んだばかりの私にとって、それはとてもショックな出来事でした。 彼女の消息は、未だにわかりません。 一度見つけること…

不倫相手とかけおちした叔母

前回、私の伯父が不倫をして再婚した話を書きましたが、それに続いて今度は叔母の不倫の話なんて。。。 うちの家系はいったい何に憑りつかれているの?って、自分でも不思議に思います。 実は、私の母方の祖母の代から少し常識から反れている家系なんです。 …

本気の不倫

W不倫をして、お互い家庭を捨てて一緒になる。 そんなドラマのような展開を、私は身近で見てきました。 私はまだ高校生の頃でしたが、大人の世界をほんの少し覗いたような気分でした。 でも、幼い頃からその人に憧れていた私は、ただただ幻滅をしたのを覚え…